― 参拝の作法 ―  鳥居をくぐり  手水をとり  ご神前へ

  「手水」(てみず)の作法  
神社には、鳥居をくぐると「手水舎」(てみずしゃ・ちょうずや)があります。ここで、手を洗い口をすすぎます。その作法を「手水をとる」といいます。
① 右手で柄杓(ひしゃく)に水を汲み左手にかけます。
一度すくった水で最後まで作法をします。一度にすべての水を流さないよう注意しましょう。
② 次に柄杓を左手に持ちかえて右手に水をかけます。
③ 次に柄杓を右手に持ちかえて左の手のひらに水を受けて口をすすぎます。
④ 口をすすいだら、もう一度左手に水をかけます。
⑤ 最後に柄杓を立てて残った水を柄杓の柄に流してすすぎ、次の人のために伏せて元に戻します。
   参 拝 の 作 法   
次に、参道をご神前へと進みます。お賽銭箱の前まで進みいよいよ参拝です。
① 二回深く頭を下げます(二拝)
背を平らに90度の位置まで
② 二回拍手をします(ニ拍手) 
柏手を打つといいます
③ 一回深く頭を下げます(一拝)
​背を平らに90度の位置まで
特別のご祈祷(厄払い・交通安全・初宮参り・地鎮祭など)がある場合は、お近くの氏神神社でご祈祷や出張祭典をしてもらいましょう。